ウォーターサーバーとは?特徴や仕組みなどについてのよくある疑問解決を紹介

当サイトはウォーターサーバーとはどのようなものなのか、その特徴や仕組みなどについてのよくある疑問の解決をするための情報を紹介しています。
サーバーはどのようにメンテナンスすればいいのか、という大事なことも触れているサイトです。
安心して使うことのできるサービスを選びたい人にとっても役立つ可能性があります。

ウォーターサーバーとは?特徴や仕組みなどについてのよくある疑問解決を紹介

近年利用する人が増えているウォーターサーバーについて知りたいと思っている人は多いのではないでしょうか。
ウォーターサーバーのよくある疑問には、どのような機能があるのかといったことがあります。
一般的には冷水とお湯のどちらも出せるものが多くあります。
またウォーターサーバーはひと月にどのくらいの電気代がかかるのかという疑問も持たれ貝かも知れません。
製品の種類にもよりますがおよそひと月千円ほどの場合が多いです。

ウォーターサーバーの仕組みや構造とは?

ウォーターサーバーは、いつでも冷水と熱湯が供給できるよう、内部にそれぞれ専用のタンクが存在する構造になっています。
タンク内は冷水と温水が常に一定の温度に調整されているため、好きな時に冷たい、または熱い水を出すことができるのです。
温水を作る仕組みはほぼ一種類で、タンク内に設置された金属棒に電気を流すことで熱を生じさせます。
電気ポットなど温水を手軽に作れる家電と同様に、シンプルな作りになっています。
冷水の場合は電子式とコンプレッサー式の2種類が存在します。
電子式は静音性に優れ、消費電力も低いものの、冷却に時間がかかるため小型なウォーターサーバーか、安価な製品で利用されているのが特徴です。
コンプレッサー式の場合、冷水タンクの周りを内部に冷媒ガスを循環させた金属管が巻きつけられています。
消費電力が大きいものの、冷却までの時間が早いため大きなタンクでも常に冷水を作り出すことが可能です。
そのため、現在のウォーターサーバーはコンプレッサー式が主流になっています。

ウォーターサーバーの利用料金はどれくらい?

ウォーターサーバーの料金は、初回は無料になっているところも多いですが、月額料金がかかるところも多くなってます。
何回か体験してもらってから本契約となるところも多いです。
本体のレンタル料は無料で水だけに費用がかかる場合が多いです。
月額の水の利用料金の相場としては1000円から2000円くらいです。
一人当たり飲む水の量は28リットルくらいです。
家族の人数が多ければそれだけ、水減る量も多くなりますので目安と考えていいです。
本体のレンタル代や電気代や現在は水のタンクも使い捨てが多くなってますので使い捨てタイプ代、水代、配送料は無料のところが多いです。
コストを下げてウォーターサーバーを使うこともできます。
タンクの水も使い捨てでなく、再利用できるタイプですと比較的コストダウンできます。
タンクの水の値段も会社でかなり差がでてきますので、内訳をみて決めることをおすすめします。
全体的な相場は、5000円前後です。

ウォーターサーバーを設置する際の注意点

ウォーターサーバーを設置する際の注意点としては、購入前に必ず設置環境を確認しておくことが求められます。
ウォーターサーバーを置ける面積を確保しただけでは、実際に使うにあたり使い勝手が悪くなる可能性が考えられます。
そのためいくつかのポイントを押さえておく必要があります。
基本的には電源プラグをコンセントに繋いだまま使用することになるため、近くにコンセントがあるかどうかは重要です。
発火などの原因があるので、延長コードなどを使わずに直接壁のコンセントに差し込み使うのが理想的です。
そしてサーバーを置く場合には、壁や家具から約5~10センチ程度離しておけるかどうかも重要です。
ぴったりとくっつけてしまうとサーバーの振動による騒音が発生したり、放熱ができずに機械に負荷がかかる、背面の掃除がしにくいなどの問題が生じます。
縦横、また奥行きに余裕があるスペースを選びましょう。
さらには衛生的な場所であるかどうかです。
設置する場所が衛生的でなければ、せっかくウォーターサーバーをおいても不衛生になってしまいます。
特にキッチンで使う場合には、コンロ周りは避けるようにしましょう。

ウォーターサーバーのサイズはどれくらい?

ウォーターサーバーを選ぶときに、採水地やサ-ビスの特徴をチェックすることはもちろん重要ですし、サーバーのサイズを確認することも大切なポイントです。
一人暮らしに適したサイズを提案できる業者もあれば、家族の人数に合ったものを提案できるところもあります。
ウォーターサーバーがあると、新鮮でおいしい水を健康も意識しながら飲むことができるようになるため、安心感を持てる方は多いです。
デザインがおしゃれでインテリアとしてもおすすめのものを見つけることができる点にも注目することをおすすめします。
料金プランなどは業者のホームページをチェックして知れるため、調べることも大切です。
ウォーターサーバーのお試し期間を用意するところもあるため、じっくり試してから決められる点にも注目です。
お試し期間が用意されていると、それぞれの家庭に合ったサービスを選択することができるようになります。

ウォーターサーバーの水の賞味期限はどれくらい?

自宅で安心して水を飲む方法として、ウォーターサーバーを設置している家庭も増えてきています。冷たい水だけでなく熱いお湯などを直ぐに使用する事ができ、料理なども含めて多くの活用方法があるのが魅力です。手軽に水を飲む事が出来るウォーターサーバーですが、注意が必要なポイントとなるのが賞味期限になります。品質や安全を徹底して管理されている水ではありますが、安全に美味しく飲むために期限は設けられているのがポイントです。未開封であれば平均すると3ヵ月から半年程度となります。水の種類によっても期限には差があり、より長持ちするタイプであれば未開封で半年から1年と長い期限が設けられているタイプもあります。安全に賞味期限を守って消費するためには、1ヵ月の消費量をしっかり把握する事が大切です。1カ月の消費量を把握することで定期的に宅配してもらう水の量を調整する事ができ、期限が切れる前にしっかり使いきる事に繋がります。

ウォーターサーバーの電源は切っても大丈夫?

便利に冷水と温水を使うことができるウォーターサーバーは、普及が進んでいる人気の機種が多数あります。自宅に設置をした場合、人によっては電気料金が高くなることをデメリットに感じ、電源を抜くことを行っている方も少なくはありません。ところがメーカーによる違いはありますが、ウォーターサーバーは常にコンセントに繋いでおく使用方法を推奨しており、コンセントを抜いてしまうと雑菌が繁殖さする可能性があるので、十分にメーカーが提示している説明を理解することも必須です。電源を入れておくことで雑菌を作らない環境にすることができることや、機種によってはオートクリーニング機能が備わっているタイプもあり、この機能は当然ながら通電している時にしか作動しないシステムです。長期不在など自宅を空ける日数が多い場合はコンセントを抜くことはエコにつながりますが、帰宅後に復旧をする際には、コンセントを抜いたままで使いかけのボトルを外し、本体に残っている水抜きを行う方法で対応できます。

ウォーターサーバーは設置工事が必要?

ウォーターサーバーの設置に特別な工事などは必要ありません。ただ、ウォーターサーバーには100ボルトの電源が必要ですので、コンセントに近い場所あるいはそこからコードの配線ができる場所が必要です。水を供給する装置ではありますが、家庭であってもオフィスであっても、別にもともと引かれている水道管には一切関係がなく、予めタンクに蓄えた水を提供するタイプであれば水道管と接続するようなことは全く不要です。そのため、予め設置できるだけの広さの水平なスペースを用意し、100ボルト電源コンセントに接続できるようにさえしておけば、後は本体を搬入するだけで事足ります。それ以降はサーバーの水をすぐに使えるようになりますし、もし水が少なくなれば追加してもらうなりタンクごと交換してもらうだけのことです。これらは契約やメンテナンスの内容に含まれているはずですので問題はなく、工事と呼べるようなものが発生することはありません。

ウォーターサーバーが故障した場合はどうすればいい?

ウォーターサーバーを普段の飲料水としての利用だけでなく、料理など様々な場面で活用している家庭は多いです。常に冷たい水と熱いお湯を利用する事ができるので、手早く必要な水を確保する事ができるのが魅力となっています。実際にウォーターサーバーを使用している中で、突然故障してしまう場合もあります。実際に使用していて不具合が発生した場合は、使用しているサーバーメーカーに連絡をする事が大切です。サーバー自体は精密機器であり、素人が直ぐに修理出来るという事は殆どありません。自分で修理使用とはせず、サポートセンターなどに連絡することで修理や交換などを行ってもらう事が可能です。普段使用している中でのトラブルであれば無料での修理が可能ですが、通所の使用範囲外でのトラブルの場合は修理費用が発生する場合があります。故障などのトラブルの際に連絡するサポートセンターに問い合わせを行い、修理内容だけでなく費用の支払いも含めて確認する事が大切です。

ウォーターサーバーの電気代はどれくらいかかる?

自宅でいつでも冷たい水や熱いお湯を使用できるアイテムとして、ウォーターサーバーは人気のあるアイテムの1つです。実際に様々な企業がサービスを提供していますが、気になるのが使用することで発生する電気代になります。ウォーターサーバー自体は冷却装置と加熱装置が稼働しているので、常にコンセントを刺した状態にする事が必要です。そのため使用する機種や環境によって多少異なりますが、平均すると1ヵ月で500円から1,000円程の電気代が発生します。電源を抜いて節電するという事が出来ないので、必ず1,000程度の出来代がかかることを理解しておく事が大切です。より節電したい場合であれば、利用する機種にスリープモードやエコモードなど節電対策が搭載されているタイプを選ぶようにします。加熱や冷却をスムーズに行うため、直射日光に当たらないゆとりのあるスペースを選ぶという方法も有効的です。ウォーターサーバーを適した環境で使用することで、少しでも節電効果を高める事が出来ます。

ウォーターサーバーに関する情報サイト
ウォーターサーバーのよくある疑問

当サイトはウォーターサーバーとはどのようなものなのか、その特徴や仕組みなどについてのよくある疑問の解決をするための情報を紹介しています。サーバーはどのようにメンテナンスすればいいのか、という大事なことも触れているサイトです。安心して使うことのできるサービスを選びたい人にとっても役立つ可能性があります。

Search